猫まみれの日々

猫エイズの子を家族に迎えるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先住猫がいるところへ、猫エイズキャリアの子を新たに迎える。

たいがいの飼い主は、先住猫への感染を怖れて敬遠してしまうのでは、と思います。私も、以前はそういう気持ちでした。

ところが、うちの4匹目のててぃんは、拾ってすぐした猫エイズ検査では陰性でしたが、それから半年後に口内炎で餌が食べられなくなり、再度検査したら陽性に反転していました。

猫エイズは、感染したばかりだと簡易検査では出ないこともあるのです。慌てて以前から飼っていた3匹を精密検査してもらったら、幸いなことに陰性でした。その頃には、すっかりててぃんに情が移っていましたから、私たちにててぃんを手離すという選択肢はありませんでした。

そこで、先生と相談した結果、先住猫たちに猫エイズワクチンを2回接種させて抗体を作れば、ててぃんも他の猫と同じ空間で普通に暮らせる、ということでした。そこでさっそく先住猫にワクチン接種をさせ、抗体ができるまでててぃんは他の部屋で隔離していました。

今は5匹とも同じ空間で、特に仲良しのててぃんとケッタは毎日じゃれあって暮らしていますが、もう感染の危険はありません。

一時期、猫エイズワクチンの取扱いが無くなった時期もありましたが、今は動物病院で取り寄せれば、健康な猫たちに感染予防のワクチン接種を受けさせることができます。ぜひ、獣医さんに聞いてみてください。といっても他の病院はよくわからないのですが、うちの猫たちの主治医、千駄ヶ谷のキャットホスピタルでは今も取り寄せることができます。

もしあなたが、猫エイズの子を拾ってしまったとしたら、または先住猫がいるところへ猫エイズの子を迎えるのを躊躇しているなら、ぜひ飼うことを諦めないで欲しいのです。猫エイズの子もよい環境で気をつけて暮らせば、発症しないまま天寿を全うする子もいますし、決して短命とも限りません。他の子に猫エイズワクチンの接種をさせなければいけないという手間や経済的負担はあっても、それさえクリアすれば、みんながしあわせに仲良く毎日暮らせることをもっと理解していただけたら嬉しく思います。

猫エイズキャリアの、ててぃんという素晴らしく可愛い猫と暮らす、私からのお願いでした。

1才のときに拾ったててぃんも、もう9才。キャリアと思えないほど丈夫になりました

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
にほんブログ村 猫ブログへ

Cat Casa清瀬105号室、猫専用リフォーム中!

Cat Casa清瀬

 

猫と暮らすためのアパートメント「Cat Casa 清瀬」では、
現在105号室をリフォーム中。1月中旬から内見できます。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。


詳しく見る

あわせてお読みください


新しいタワーがやってきた!
2017/11
24

でぶねこダイエット大作戦!
2017/11
23

ねこ、飼い主をDVする
2017/11
21

病気の猫の給餌法と病中食5つ
2017/11
20

影絵のケッタくん
2017/11
19

地域ネコを救え!猫殺処分ゼロ最前線!
2017/11
18

サンマ祭り
2017/11
17

花ちゃんのエリザベスカラー
2017/11
16

下痢したねこは誰だ!?
2017/11
15

うんケッタ〜布団をめぐる攻防〜
2017/11
14

ねこホイホイ
2017/11
13

ペット保険にはいつ入るべきか?
2017/11
13

トイレ荒らし
2017/11
12

猫の待つ家
2017/11
11

5猫5様のちゅ〜るの宴
2017/11
10

コメントを残す

*