猫まみれの日々

猫エイズの子を家族に迎えるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先住猫がいるところへ、猫エイズキャリアの子を新たに迎える。

たいがいの飼い主は、先住猫への感染を怖れて敬遠してしまうのでは、と思います。私も、以前はそういう気持ちでした。

ところが、うちの4匹目のててぃんは、拾ってすぐした猫エイズ検査では陰性でしたが、それから半年後に口内炎で餌が食べられなくなり、再度検査したら陽性に反転していました。

猫エイズは、感染したばかりだと簡易検査では出ないこともあるのです。慌てて以前から飼っていた3匹を精密検査してもらったら、幸いなことに陰性でした。その頃には、すっかりててぃんに情が移っていましたから、私たちにててぃんを手離すという選択肢はありませんでした。

そこで、先生と相談した結果、先住猫たちに猫エイズワクチンを2回接種させて抗体を作れば、ててぃんも他の猫と同じ空間で普通に暮らせる、ということでした。そこでさっそく先住猫にワクチン接種をさせ、抗体ができるまでててぃんは他の部屋で隔離していました。

今は5匹とも同じ空間で、特に仲良しのててぃんとケッタは毎日じゃれあって暮らしていますが、もう感染の危険はありません。

一時期、猫エイズワクチンの取扱いが無くなった時期もありましたが、今は動物病院で取り寄せれば、健康な猫たちに感染予防のワクチン接種を受けさせることができます。ぜひ、獣医さんに聞いてみてください。といっても他の病院はよくわからないのですが、うちの猫たちの主治医、千駄ヶ谷のキャットホスピタルでは今も取り寄せることができます。

もしあなたが、猫エイズの子を拾ってしまったとしたら、または先住猫がいるところへ猫エイズの子を迎えるのを躊躇しているなら、ぜひ飼うことを諦めないで欲しいのです。猫エイズの子もよい環境で気をつけて暮らせば、発症しないまま天寿を全うする子もいますし、決して短命とも限りません。他の子に猫エイズワクチンの接種をさせなければいけないという手間や経済的負担はあっても、それさえクリアすれば、みんながしあわせに仲良く毎日暮らせることをもっと理解していただけたら嬉しく思います。

猫エイズキャリアの、ててぃんという素晴らしく可愛い猫と暮らす、私からのお願いでした。

1才のときに拾ったててぃんも、もう9才。キャリアと思えないほど丈夫になりました

 

 

励みになります!ポチッと応援よろしくお願いします! ▼
にほんブログ村 猫ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Cat Casa清瀬、猫と飼い主様のためのお部屋です!

Cat Casa 清瀬

猫と暮らすためのアパートメント「Cat Casa 清瀬」は、
現在満室となっております。
他の猫と暮らせるお部屋もご紹介できますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。


詳しく見る

あわせてお読みください


ちゃんすけのこと
2018/3
27

ケッタのお家づくり
2018/1
13

世代交代なるか!?
2018/1
10

女王様のお食事風景
2018/1
9

踊るててぃん坊
2018/1
8

四次元ポケット発見!?
2018/1
7

女王様の系譜
2018/1
6

うちの猫、ガニ股です
2018/1
5

可愛い背後霊現る!
2018/1
4

てぃけった、三毛猫疑惑?
2018/1
3

5ニャンズ、新年の抱負
2018/1
2

明けましておめでとうございます!
2018/1
1

来年何かに進化する!?
2017/12
31

クシクシ大好き
2017/12
30

新旧キャットタワー対決!
2017/12
29

コメント

  1. 石川千春 より:

    はじめまして50歳代の主婦です。先月3年9か月一緒に暮らした保護猫を亡くしてから、色々な方の猫ちゃんに対する思いを読ませて頂いております。こちらへは、暮れに保護した猫の為、キャットウォーク等を勉強しようと探してましたら、猫専用アパートメントのインテリアや作りが素敵で、CS放送の「猫ヘルパー」に出てくるアメリカのおうちのようで日本にも作ってらっしゃる方がおられるんだと感心しておりましたら、こちらに「猫まみれの日々」を見つけ読ませて頂きました。

    そうだったのですか~純血種の猫ちゃんにはそんな悲しい現実があったなんて。人間の欲は恐ろしいです。ちゃんすけちゃんの愛らしいお顔を拝見して涙が止まりません。
    我が家の亡くなった保護猫も家の前にうずくまっていたペルシャ猫でした。ずっと元気でしたが、最後、風邪をこじらせてしまったようでしたが、頼りない獣医師で死因はわからないと言っていました。

    うちは、年寄りのトイ・プードルがいて猫は飼った事がなく、警察署に預かってもらいながら飼い主さんを探しましたが見つからず、うちで飼う事にしました。
    大人しく手のかからない2,5kg位しかない小柄な男の子でしたがミーと名付けました。年寄りだったのか来たとき歯が3本しかなくすぐまた2本抜けて最後は1本でしたが、歯茎でつぶしていたのか、ドライフードが好きで一生懸命食べていました。
    人なつっこい子ではなかったので、最初はどうなる事かと思いましたが、徐々に私達家族4人に慣れてきて、朝「おはよう」と声をかけると「ニャ」と返してくれて、夜は夫と一緒に寝るまでになり、すっかり家族の一員になって、彼がいなくなるなんて考えてもいませんでした。

    クシャミが出て鼻血が出たので、急いで獣医師に診せましたが、触診も検査もせず、点鼻薬と点滴してましたが、全くよくならず、後から知人に、何のウィルスか検査して特定しなければ、合う薬はわからないのでは?と言われ、獣医師を変えればよかったと後悔しております。

    亡くなって初めてこどもを亡くしたように毎日悲しくて辛い日々です。泣かない日はありません。
    目が釣り目で目付きがよくないのですが、その仏頂面で、ごはんを待っていたり、お布団を敷くのを待っていたり、甘えて頭でなでてくれと押してきたりする姿が愛おしくて可愛くて、いつの間にか私のすべてになっていました。この気持ちは飼った方でないとわかって頂けないと思います。
    もうあの子に逢えない触れないあの子と見つめ合う事が出来ないと思うと頭がおかしくなりそうです。
    家族は夫と息子達~男ばかりで、それなりに辛そうでしたが、私のこの辛い気持ちほどではないと思います。
    こちらに書かれていた純血種の猫ちゃんの事情もわかりましたし、私も保護猫を飼った事で、色々調べたりボランティアの人に話を聞いたりして、ペットショップ等はない方がよいと思ってました。世界規模で一匹でも不幸な子を減らしたいと思い、動物愛護関連の記事を読み必要なら署名もしております。
    今度の日曜日は49日の法要がありますが、私はミーとずっと一緒にいるつもりです。

    1. 水野 直子 より:

      ミーちゃんのこと、お悔やみ申し上げます。
      愛猫を見送るのは、辛いことですね。私も今でも、ちゃんすけがいないのが寂しく、無意識に家の中で姿を探してしまいます。

      鼻血が出て…、という症状は私もうちの猫たちで見たことがないので、ミーちゃんが何の病気だったのかわからないですが、獣医師には、経験を頼りに必要な検査をしないで、勘で治療をする先生がいますので、本当にその病気に合った治療ならいいのですが、そうでなかった場合、命に関わることにもなってしまうのだと思います。

      私はアパートを猫仕様にリフォームするにあたって、ご自宅中にキャットウォークを張り巡らせたお宅を見せて参考にさせていただいたのですが、キャットウォークがあると、猫は上、人間は下と住み分けができ、スペースを倍広く使えて、そのお宅のネコちゃんたちがいかにものびのびと暮らしているのがいいと思いました。うちの猫アパートが、石川様のご参考になれば幸いです。

コメントを残す

*