猫まみれの日々

ペット保険にはいつ入るべきか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ふうちゃんが誤ってベランダから落下して、両前脚を骨折したのは、7年前の今頃の季節のことでした。洗濯物を干すためにベランダに出たときに、するりとふうちゃんも一緒に出てしまったのに気づかず、窓を閉めてしまったため、困ったふうちゃんが柵を登り、3階下のお宅のベランダに落ちてしまったのです。

幸い命には別状なかったものの、動物病院で受けた診断は、両前脚の骨折。当然手術することになったのですが、獣医さんから「手術料金は30万円になります」と言われ、あまりの高さに内心びっくり。

もちろん、可愛いうちの猫に私の不注意で怪我をさせてしまったのだからいくらでも払いますが、このことをきっかけに、私はうちの猫たちをペット保険に加入させたのでした。

ちゃんすけ

ちゃんすけは8才から心筋肥大症に。ずっと薬を飲み続けなければいけない

当時、猫たちは5~7歳くらい。ペット保険に加入させるのに、そのときの猫の年齢、健康状態からいって、正解だったのではないかと思っています。

それというのも、猫が10歳の声を聞くと共に、上の猫3匹が次々と持病持ちになり、病院通いが欠かせなくなってしまったからです。

ふうちゃんの気管支喘息に糖尿病に乳腺がん、白内障。ちゃんすけの心筋肥大症。花ちゃんの乳腺がん。3匹とも、死ぬまでお薬、注射が欠かせません。当然、かかる医療費も高くなって、猫を飼うとはこんなにお金がかかるものなのかと思うほど。うちは全員アニコムの70%カバーのペット保険に入れているので、ずいぶんと助かっています。

日本でのペット保険の歴史はまだ浅く、1995年に日本ペットオーナーズクラブが国内初のペット保険を出したのが始まり。その後アニコム損保やPS保険、アイペットなどさまざまなペット保険を取り扱う保険会社が増えて、現在のマーケット規模は280億円といわれています。

ペット保険の普及と共に、上がってきたのが動物病院の医療費です。確かに望めば人間並みの高度医療を受けることができるところもありますが、うちの猫の先生に言わせると、「どうせ保険会社が払うのだから、もっと治療費を取ってもいいだろう」と、獣医がどんどん治療費を上げてしまい、飼い主はますますペット保険に入らざるをえなくなる、といった裏事情があるのだというから、心境は複雑です。

猫をペット保険に入れるタイミング。どの飼い主さんも悩むところだと思います。猫が大きい病気にかかった後だと保険が適用されなくなるし、病院にかからないのに保険料だけ払っているのも悩ましい。

私は猫が特別に病弱でなければ、もうこれ以上歳を取ったら保険に入れないタイミングより少しだけ早めに入れればいいのではないかと思っています。やはり5〜6歳あたりが妥当なのではないのでしょうか。

最初は、保険料だけ払うことになるかもしれませんが、猫が中年に差し掛かってくると、だんだん持病持ちになって病院にかかる機会も多くなります。私も最初の3年くらいは保険料を払いっぱなしでしたが、その後猫たちが病院にたくさんかかったことを思うと、十分に元は取れているような気がします。

もちろん、予期せぬ病気や怪我をすることもあるので、最後はそれぞれの飼い主さんの判断だと思います。

猫を飼う時は、餌代、トイレ、トイレ砂、おもちゃなど猫グッズだけでなく、将来かかる医療費のことも最初から考えに入れておいて、しかるべき時にペット保険に入る、または猫の医療費としてお金を積み立てておくことをお勧めします。

ちゃんすけの健康保険証。アニコム損保は加入すると、「どうぶつ健康保険証」を送ってきて、動物病院によってはこのカードを見せればその場で窓口精算してくれるところもあります。

励みになります!ポチッと応援よろしくお願いします! ▼
にほんブログ村 猫ブログへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Cat Casa清瀬、猫と飼い主様のためのお部屋です!

Cat Casa 清瀬

猫と暮らすためのアパートメント「Cat Casa 清瀬」は、
現在満室となっております。
他の猫と暮らせるお部屋もご紹介できますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。


詳しく見る

あわせてお読みください


ちゃんすけのこと
2018/3
27

ケッタのお家づくり
2018/1
13

世代交代なるか!?
2018/1
10

女王様のお食事風景
2018/1
9

踊るててぃん坊
2018/1
8

四次元ポケット発見!?
2018/1
7

女王様の系譜
2018/1
6

うちの猫、ガニ股です
2018/1
5

可愛い背後霊現る!
2018/1
4

てぃけった、三毛猫疑惑?
2018/1
3

5ニャンズ、新年の抱負
2018/1
2

明けましておめでとうございます!
2018/1
1

来年何かに進化する!?
2017/12
31

クシクシ大好き
2017/12
30

新旧キャットタワー対決!
2017/12
29

コメント

  1. 石川千春 より:

    はじめまして50歳代の主婦です。先月3年9か月一緒に暮らした保護猫を亡くしてから、色々な方の猫ちゃんに対する思いを読ませて頂いております。こちらへは、暮れに保護した猫の為、キャットウォーク等を勉強しようと探してましたら、猫専用アパートメントのインテリアや作りが素敵で、CS放送の「猫ヘルパー」に出てくるアメリカのおうちのようで日本にも作ってらっしゃる方がおられるんだと感心しておりましたら、こちらに「猫まみれの日々」を見つけ読ませて頂きました。

    そうだったのですか~純血種の猫ちゃんにはそんな悲しい現実があったなんて。人間の欲は恐ろしいです。ちゃんすけちゃんの愛らしいお顔を拝見して涙が止まりません。
    我が家の亡くなった保護猫も家の前にうずくまっていたペルシャ猫でした。ずっと元気でしたが、最後、風邪をこじらせてしまったようでしたが、頼りない獣医師で死因はわからないと言っていました。

    うちは、年寄りのトイ・プードルがいて猫は飼った事がなく、警察署に預かってもらいながら飼い主さんを探しましたが見つからず、うちで飼う事にしました。
    大人しく手のかからない2,5kg位しかない小柄な男の子でしたがミーと名付けました。年寄りだったのか来たとき歯が3本しかなくすぐまた2本抜けて最後は1本でしたが、歯茎でつぶしていたのか、ドライフードが好きで一生懸命食べていました。
    人なつっこい子ではなかったので、最初はどうなる事かと思いましたが、徐々に私達家族4人に慣れてきて、朝「おはよう」と声をかけると「ニャ」と返してくれて、夜は夫と一緒に寝るまでになり、すっかり家族の一員になって、彼がいなくなるなんて考えてもいませんでした。

    クシャミが出て鼻血が出たので、急いで獣医師に診せましたが、触診も検査もせず、点鼻薬と点滴してましたが、全くよくならず、後から知人に、何のウィルスか検査して特定しなければ、合う薬はわからないのでは?と言われ、獣医師を変えればよかったと後悔しております。

    亡くなって初めてこどもを亡くしたように毎日悲しくて辛い日々です。泣かない日はありません。
    目が釣り目で目付きがよくないのですが、その仏頂面で、ごはんを待っていたり、お布団を敷くのを待っていたり、甘えて頭でなでてくれと押してきたりする姿が愛おしくて可愛くて、いつの間にか私のすべてになっていました。この気持ちは飼った方でないとわかって頂けないと思います。
    もうあの子に逢えない触れないあの子と見つめ合う事が出来ないと思うと頭がおかしくなりそうです。
    家族は夫と息子達~男ばかりで、それなりに辛そうでしたが、私のこの辛い気持ちほどではないと思います。
    こちらに書かれていた純血種の猫ちゃんの事情もわかりましたし、私も保護猫を飼った事で、色々調べたりボランティアの人に話を聞いたりして、ペットショップ等はない方がよいと思ってました。世界規模で一匹でも不幸な子を減らしたいと思い、動物愛護関連の記事を読み必要なら署名もしております。
    今度の日曜日は49日の法要がありますが、私はミーとずっと一緒にいるつもりです。

    1. 水野 直子 より:

      ミーちゃんのこと、お悔やみ申し上げます。
      愛猫を見送るのは、辛いことですね。私も今でも、ちゃんすけがいないのが寂しく、無意識に家の中で姿を探してしまいます。

      鼻血が出て…、という症状は私もうちの猫たちで見たことがないので、ミーちゃんが何の病気だったのかわからないですが、獣医師には、経験を頼りに必要な検査をしないで、勘で治療をする先生がいますので、本当にその病気に合った治療ならいいのですが、そうでなかった場合、命に関わることにもなってしまうのだと思います。

      私はアパートを猫仕様にリフォームするにあたって、ご自宅中にキャットウォークを張り巡らせたお宅を見せて参考にさせていただいたのですが、キャットウォークがあると、猫は上、人間は下と住み分けができ、スペースを倍広く使えて、そのお宅のネコちゃんたちがいかにものびのびと暮らしているのがいいと思いました。うちの猫アパートが、石川様のご参考になれば幸いです。

コメントを残す

*